PMS

PMS

PMSに関する正しい知識と対策で、毎月の不調を乗り切りましょう。

PMSとは

PMSは、Pre-Menstrual Syndromeの略で、日本では「月経前症候群」と呼ばれる、精神的または身体的な不調のことです。

黄体期と呼ばれる高温期に発生し、一般的な発症時期は生理の10日から3日前ですが、早い方だと12日ほど前から起きることもあります。

症状は、月経前まで継続し、月経が始まると同時に軽減されたり消えたりするのが特徴です。
またコーヒーや甘い物などの摂取量が多い人と、神経質・几帳面な性格の人が、特にPMSになりやすいといわれています。

月経前だけに症状が出る原因はまだ解明されていませんが、排卵後に分泌される黄体ホルモン「プロゲステロン」が影響しているという説が有力です。
排卵後にプロゲステンが急激に増えることで、ホルモンバランスが乱れてしまい、精神的・身体的な不調を引き起こしていると考えられています。

PMS 症状

PMSは次のような症状が現れます。

【身体的症状】 
下腹部の痛み、乳房のはれ、肩こり、手のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、吐き気、ひどいむくみ、便秘、下痢、ニキビなど。
他の病気と紛らわしい症状を感じることもあるようなので注意が必要です。

【精神的症状】 
イライラや気分の落ち込み、無気力、集中力の低下、仕事が手につかない、不眠、過眠、理由もなく突然泣きたくなる、過食、甘い物を食べ過ぎるなど。

いずれも、うつ病などの精神疾患に似た症状が多く、血糖値の急激な低下が原因ではないかと言われています。
また、いずれのケースでも、他の病気と違うのは、月経が始まると嘘のように症状が消えてしまう点です。

女性の約80%が何らかのPMS症状に悩んでいるそうですが、仕事や家事で忙しい30代、仕事や恋愛でストレスを
受けやすい20代の方に特に多いようです。

PMS 対策

PMS対策として簡単にできる方法をご紹介します。

■ ウォーキングやストレッチなどの軽めの有酸素運動をする。
■ 首、足、仙骨、子宮などを温める。
■ 食物繊維や善玉菌を増やし、腸内環境を整える。
■ カフェインやアルコール、甘いものを控える。
■ アロマでリラックスする。
■ マグネシウム、カルシウム、ビタミンE、B6などを摂取する。
■ 睡眠と休養を十分に取る。

また、PMS対策のサプリもあるので、上記のような生活・食事の改善と合わせて利用するとよいようです。

代表的なサプリはこちら。

【ルナリズム】

PMS トップへ戻る

Copyright 2015 © ショップサーチ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner