コレステロール

コレステロール

コレステロールは低ければよいというものではありません。

ショップサーチ通販 > コレステロール

コレステロールとは

コレステロールは細胞膜を作るために必要な栄養素で、生きていく上で欠かせない「脂質」の一種です。
他にも、ビタミンDの合成に使われたり、筋肉を作るホルモンの材料になったり、心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなっています。

 

血がどろどろになり、動脈硬化を引き起こす原因となるなど、健康に悪いというイメージがありますが、少な過ぎても問題があります。

 

人間は必要なコレステロールの2/3を体内(肝臓)で合成し、残りの1/3を食物から摂取しています。
生体機能を維持するために必要な栄養素なので、食事からの摂取ができなくても、不足状態にはならないようになっているのです。

コレステロール値

血液検査では、総コレステロール値の他に、HDLコレステロール、LDLコレステロールの値を調べます。
通常、「悪玉」と呼ばれるのはLDL(低比重リポ蛋白)の方で、HDL(高比重リポ蛋白)は「善玉」と呼ばれています。

 

悪玉の方は、肝臓から血流に乗って体の各所に運ばれるものです。
過剰になると血管内壁にへばりついてしまい、そのまま放置すると動脈硬化の原因となり、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞のリスクを高めます。
これが「悪玉」と言われる所以であり、140mg/dl以上だと脂質異常値と診断されます。

 

一方、善玉の方は、体内の各所から肝臓へ戻るものです。
体に悪影響を与える、血管壁に溜まった余剰分をはがし、一緒に肝臓に戻るということなので「善玉」と言われています。40mg/dl以下だと脂質異常値と診断されます。

 

最近ではLDLとHDLは別々に考えるのでなく、両方の比率(LDH÷HDLの値)が重要とされ、LH比はその目安として注目されるようになっています。
LH比が2.0を超えると血管の動脈硬化が疑われ、2.5を超えると血栓ができている可能性があり、心筋梗塞のリスクも高いことが指摘されています。逆にLH比が1.5以下ならば、血管内はきれいで健康な状態だと言えます。

コレステロールを下げる

悪玉コレステロールを効果的に下げ、適正基準値の範囲に納めるには次のようなことに注意が必要です。

 

1.コレステロールを多く含む食品を減らす。

食べ物からのものは全体の3分の1とはいえ、こちらも制限する必要はあります。
卵、レバー、魚卵、バターや生クリームなどの乳製品は取り過ぎないようにしましょう。

 

2.コレステロールを下げる食品を増やす。

代表的なものは青魚などに含まれるDHA、大豆などに含まれるレシチン、水溶性食物繊維、クエン酸、魚介類に含まれるタウリン、ビタミンC、E、B2などです。

 

3.合成させにくくする食品を増やす。

EPAは悪玉コレステロールの元になるリポタンパク質の合計を抑制します。
EPAは青魚や海藻類に多く含まれていますので、積極的に摂取しましょう。

 

4.運動などで中性脂肪を減らす。

特に脂肪の燃焼には有酸素運動が有効です。

 

これらの方法と合わせて、サプリメントを有効活用するとさらに効果が出やすいです。
おすすめのサプリメントはこちらです。

≫ モンドセレクション金賞受賞!中性脂肪&コレステロールを減らすサプリメント【極上クリル】

コレステロール トップへ戻る